08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
次週!「渡辺、刺身を腐らせる」 乞うご期待!
 
<< オラ去年も夏の終わりってタイトルでブログ書いた気がすっぞ!!! | main | iPad Pro&Apple pencil欲しすぎ問題 >>
0

    お久しぶりです。

    諸事情でネット環境から疎外されていたためブログを書けずにいたワタナベです。

    携帯から書けるんですけどね。

    まあそれはさておき。

     

    …え、27時間テレビって全編収録モノやっけ?

     

    7時間ほど疑問を抱え続けています。助けて。

     

     

    先日、前職の同期から突然

    「次の右脳はいつなんだ。禁断症状が出始めている」

    という内容のラインが飛び込んできました。

     

    (゜∀゜)ウレシイ!!

     

    ちょっと待ってね。

    来年だから。

    時期未定だから。

    また追って告知しますから。

     

     

    ということで次回作へ向け脚本を執筆中ではありますが、長いことアウトプットし続けてきたので引き出しがもうすっからかん。沢山良い作品観て刺激をもらってオモロイのさっさと2本くらい書いちゃいたい作戦が遂行中であります。

    ということでこの1カ月で観た映画をご紹介。

     

    ■ファーゴ ←オススメ!

    →凄い!コーエン兄弟が送るサスペンス?バイオレンス?とにかく沢山人が死ぬ!でもうっすら笑える。

     高額の身代金を義父からせしめようと妻の誘拐を依頼した男の悲壮感!

     ほんでスティーブ・ブシェーミ最高な。殺され方が壮絶。

     

    ■ビッグ・リボウスキ

    →続けてコーエン兄弟!バカバカしくややこしい。同姓同名の人違いがきっかけで主人公が何かバタバタしてます。

     ジョン・グッドマンがアホすぎてだんだん腹立ってくる映画です。

     全編通して5分も出てないジョン・タトゥーロの存在感が最高。

     

    ■グランド・ブダペスト・ホテル ←オススメ!

    →リズム感が素敵。納得のアカデミー美術賞。皆早口。酒飲みながら観たら展開についていけないから要注意。

     全編通して10分も出てないジュード・ロウが一番カッコいいっていう。

     

    ■シャッター・アイランド ←オススメ!

    →精神病んでる囚人が施設から逃げたよーっつって連邦保安官のディカプリオが「そいつ探すお」っつって調べていったらアラ大変。

     凄い結末に!凄いぜスコセッシさん!よくできたおはなし。でもインセプションのディカプリオの方が好き。

     

    ■ドライヴ

    →ラ・ラ・ランド好きすぎてライアン・ゴズリングの過去作品を観てみよう!ってことで観たけど冒頭15分がまさかのピーク。

     昼はスタントマン、副業で運び屋的な主人公が事件に巻き込まれ、その後はなんかシンプルな話の流れ。

     内容あんまり覚えてない。でもゴズリングはピアノ弾いてても運転しててもカッコいいよ。

     

    ■トランス ←やめとけ!

    →オークション会場から絵画盗んで隠したは良いけど、仲間に殴られて記憶無くなっちゃったお!絵画隠した場所思い出さないと!

     って何それヤベエ!「あなたの記憶が試される…!」的な予告編も相まって超絶面白そうな雰囲気出てたけどこれは予告詐欺でした!もう二度と見なくていい!HAHAHA!

     

    ■GODZILLA(ハリウッド新しい方) ←やめとけ!

    →暗い!ゴジラなかなか出てこない!忘れたころに現れる渡辺謙!ゴジラが若干白鵬に似てると思いませんか奥さん。

     ゴジラ観るなら断然シン・ゴジラ。

     個人的には、キックアスの男の子がたくましくなったよねえ、っていう確認作業を2時間かけて行った感覚です。

     

     

     

    明日は話題の『ダンケルク』を観に行く予定。

    クリストファー・ノーランが面白くないわけないよね。

     

    そんな「面白くないわけないよね」って思われる団体でありたい。

    そう思う今日この頃なのでした。

     
    auther:右脳爆発!, 右脳爆発のオフ, comments(0), -, -
    スポンサーサイト
     
    0
       
      auther:スポンサードリンク, -, -, -, -
      Comment
       









       
       
      (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.