11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
第七次右脳爆発『三人分の欠陥』終演。逆再生してみましょう。
 
<< ようこそ○○○○パークへ | main | インプットの嵐 >>
0

    大変遅ればせながら。

     

    第七次右脳爆発

    『三人分の欠陥』

     

    無事終演いたしました。

     

     

    千秋楽からちょうど1週間。

    個人的にはまだ、あの実験的かつハードなサスペンス芝居の余韻から

    抜け出せず、次は何にしようか、また奇抜なことをしたい

    そればかりを考えています。

     

    どうも、ワタナベです。

     

     

    まず申すべきは、今回も沢山の方にご協力いただけたこと。

    参加いただいた座組の皆様に心の底から感謝致します。

    役者・スタッフの皆様のおかげで脚本が立体化していくあの高揚感、

    演技とスタッフワークの化学反応が生み出すエネルギー、

    何故か今回は非常に大きな振れ幅で、かつ新鮮に感じられました。

     

    また今回は右脳爆発史上、最も多くのお客様に観ていただけた回となりました。

    遠方よりはるばるご来場いただいた方も多くいらっしゃったようでして。

    今後も、観に来た甲斐があったと仰っていただけるような芝居作りに精進して参ります。

     

     

     

    それではここで「三人分の欠陥」を振り返ってみましょう。

     

    さて、突然何の写真や

    と思われた方多数とお見受けします。

     

    こちらの写真は右脳爆発より派生した
    来月デビュー予定の色物バンド「Contemporarys」です。
    【メンバー】
     川辺美紗子(vocal)
     佐藤奨士(guitar)

     渡辺岳(bass)

     伊藤晴香(drums)

     

    基本的にはVocalの川辺が自身のコンテンポラリーダンスに使用する楽曲

    づくりを行うために生まれた集団です。ジャンルとしてはテクノハウス

    ミュージックに寄ったものを得意としていますが、基本的には川辺からの

    ゴーサインさえ出れば何でも良しです。

     

     

    エイプリルフールにやりたかったことを、今この場で、存分に

    やらせていただきましたありがとうございます。

     

    こんな嘘が割かし現実味を帯びたように感じるのも岡田氏のセンス、

    圓礼氏のヘアメイク力の結晶かと思われます。

    チラシ写真・映像用写真撮影時の様子でした。

     

     

     

    さて今回、印象的な代わりに役者・スタッフともに苦しめられた花道舞台。

    こういったレイアウトが初めてだっただけに試行錯誤は絶えず行われました。

    というか稽古の大半が試行錯誤でした。

    特に照明の坪木氏が試行錯誤だった様子です。

     

    今回の脚本では「見る・見られる」という関係性が最も重要なポイントでした。

    誰かを観察しているつもりでも、逆に自分が観察されている立場になりうる、

    笑ってたあなたも、仏頂面で観ていたあなたも、多分誰かに見られてたことと思います。

     

     

    KAVCシアターが会場ということで、映像を使わない手は無いだろうということで。

    映像と舞台上の演技をリンクさせる、これまたハードでアグレッシブな

    試みだったなあと。

    「素材が足りないんですよねえ」とよく言っていた割には安定のクオリティを

    持ってくる村岡氏。彼に映像をお願いしたのは学生の時以来2度目でしたが

    彼の映像技術には毎度頭が上がりません。

     

     

    と、ちょこちょこ振り返ってみましたが、

    今までで最も刺激的だった舞台だったと総括出来るかと思います。

     

    時系列が複雑で難しい話であり、座席によって見方が変わる舞台だっただけに

    「もう一度観たかった」というご感想を多く頂戴致しました。

    作り手側からすれば、これほど嬉しい感想はありません。

    次回以降も頭使わないと見れないような、2回目、3回目と見方が全く異なるような

    モノをご用意致しますので、是非また今後ともどうぞご贔屓に。

     

     

     

     

    第七次右脳爆発、誠にありがとうございました。

    感謝の気持ちでいっぱいです。

     

    次回、第八次右脳爆発、乞うご期待。

     

     
    auther:右脳爆発!, 稽古場日記, comments(0), -, -
    スポンサーサイト
     
    0
       
      auther:スポンサードリンク, -, -, -, -
      Comment
       









       
       
      (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.